「不貞行為」が認定されるための証拠について

前回の続きです。

それでは,裁判の場面で,不貞行為の中でも典型の「性行為」を認定してもらうためにはどのような証拠が必要でしょうか。
これが結構ハードルの高いものであったりします。

最も確実な証拠は「ラブホテルに二人で入り,出てきた写真」です。
ラブホテルは性行為をするための場所というのが社会通念ですので,これがあると基本的に間違いありません。
しかし,問題は,どうやってそのような証拠を押さえるか,です。
通常,一般の方が尾行して行動を確認し,裁判で使えるように写真を撮影するというのは困難です。
そこで興信所,いわゆる探偵の出番となることがあります。
ただし,探偵は弁護士以上に費用も能力も様々ですので,どこに頼むかは慎重に。

最近よくあるのは,LINE等のSNSに残っている裸体や性行為の画像です。
これについては使える場合,あまり使えない場合が様々です。
例えば「相手の顔がはっきり映っていて,それが間違いなく不倫相手の顔だとわかる」ような場合であれば,そのような写真を配偶者が所持していることは不倫相手との性行為の存在を強く推測させる証拠になります。
一方,顔が不鮮明だったり,映っていなかったりすると,「その裸体」が「不倫相手」のものであるかどうかについて疑いが残ることになりますが,それを確認するのは非常に困難なため,証拠としての価値は大きく落ちます。

それに至らない,例えば「昨日は良かったよ」的なやりとりや性的接触のない二人で映った写真などは,それ単体で「性行為」を認定してもらうことは困難です。
他の事情や証拠との合わせ技でどこまで証明できるか次第になります。

なお,これらは相手が争っている(否定している)場合の話ですので,例えば夫も不倫相手も認めて一筆書いているような場合だと証明はほとんど必要なくなりますし,夫だけでも認めて協力させられる場合だと,裁判で夫を証人として活用できますので,ぐっと認めてもらいやすくなります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント