写真のバリエーション(不貞行為)

さらに前回の続きです。

それでは,「二人で出入りする」写真がラブホテル以外の場所,例えば自宅だったらどうでしょうか。
これはケースバイケースですが,要は「その家の中に二人きりの状況」であるかどうか次第です。
例えば単身赴任先でひとり暮らししている家であれば,そうであると比較的簡単に言えるでしょう。
一方,家族と暮らしている家だと,そうであるというのは難しくなるでしょう(他の家族が全員不在であったことを言えないといけません)。

ただし,家の中で過ごした時間が短い,たとえば3分程度ですと,その間に事を済ますことは通常,容易とは言えませんので,一定時間,例えば1時間過ごした,ということまで言える必要があります。
ここが,「出入り」の写真が必要な理由です。
これが,例えば,入った写真のみの場合だと,「忘れ物を取りに帰るのについてきてもらっただけで,家の中に入ってすぐ出た」などと弁解される余地が出てきてしまい,そう弁解されると反論が困難になります。
何時何分に入った,何時何分に出たという両方の写真があってはじめて,その中でどの程度の時間を過ごしたのかが立証できるようになるわけです。


それでは,ビジネスホテルの場合だとどうでしょう。
この場合は,ホテルの出入りだけでは足りず,「同じ部屋への出入り」が必要となります。
例えば男女の同僚で出張先のビジネスホテルに泊まる場合,同じホテルの別の部屋に泊まるということがあるからです。
一方,ただの会社の同僚の男女が同じ部屋に宿泊することは通常ないと言えますし,打合せをするにしても余計な疑いを招かないよう外でするのか電話なりでするのが普通でしょう。
したがって,ビジネスホテルでも「同じ部屋で一晩過ごした」ような場合ですと,性行為の存在が強く推測されることになります。


では,某芸能人みたいに,車の中の場合はどうでしょう。
これは,基本的には,行為の真っ最中であるとか,そのものずばりの写真がないとなかなか難しいです。
車というのは,普通はそのような行為をする場所ではありませんし,男女の同僚や友人でも助手席に乗ることも別に珍しいことではないからですね。
例えひとけのない場所に一晩駐車しっぱなしだったとしても,例えば体調不良,例えば故障していた,全期間継続して撮影しないと途中移動して戻ってきたとか,色々弁解の余地が出てきてしまいがちです(この辺は駐車違反の取締りと弁解に似ています)。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント